読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JDばじるはマイペース

JD(女子大生)のばじるが生きた証

名古屋大須「kinari」で簡単可愛い女子力高めのキャンドル手作り体験してきたよ

f:id:BasiL:20170330152752j:plain




こんにちは!JDばじるです。

JDになるから今までよりも女子力上げたい!……という願望を手っ取り早く叶えてみました。
それが、キャンドル作り

生まれて初めてキャンドル作りに挑戦したところ、こんなに素敵なキャンドルができました☆彡



f:id:BasiL:20170330152325j:plain


………って、モザイクかかっとるー!

完成品はこの記事を最後まで読んでからのお楽しみ。
ということで、初心者でも簡単に可愛くて女子力高めのキャンドル手作り体験記の始まり〜!!


※この記事はキャンドルに関しての素人が作成したものです。

目次

まずはお店に行ってみよう

今回お邪魔したのは、こちらのお店。

キャンドルやキャンドル作りのための材料が販売されており、さらにお店の中でキャンドル作り体験ができるんですね。


名古屋市営地下鉄大須観音駅2番出口を出て伏見通を北へと歩けば到着!!



f:id:BasiL:20170330153130j:plain



入口に看板があります。


f:id:BasiL:20170330153135j:plain



中に入ってみましょう!!


f:id:BasiL:20170330153445j:plain
お店の中には売り物のキャンドルや

f:id:BasiL:20170330153507j:plain

ドライフラワーが吊られています!

f:id:BasiL:20170330153513j:plain


この空間にいるだけでも和む(*´ω`*)


まず最初に代金をお支払い。今回作ったボタニカルジェルキャンドルは3600円です。

f:id:BasiL:20170330152919j:plain

こちらは完成品の見本。

こんなに豪華なキャンドルを手作りさせてもらえてこの値段って、正直凄くないですか??


エプロンをつけて、いざ、キャンドル作り!!

作りながら癒される、キャンドル作りの工程


f:id:BasiL:20170330163703j:plain


それではここから、実際の私のキャンドル作り体験をご覧いただきます!

上の写真は席に用意されていたものです。
器が大小二つ、ピンセット、ハサミ。

アロマを選ぶ

何種類とあるアロマの中からキャンドルにつける香りを選びます。
数種類のアロマを混ぜても良いらしいのですが、混ざった時のイメージがつかないですよね………ということで私は無難に1つだけ選びました。


f:id:BasiL:20170330163650j:plain

strawberryです。

芯を器にくっつける

f:id:BasiL:20170330163855j:plain

キャンドルの芯を小さい方の器の底にくっつけます。
真ん中につくように!

ジェルワックスを詰める

芯をくっつけた小さい方の器の中にジェルワックスを詰めていきます。



f:id:BasiL:20170330164315j:plain
この透明のジェルワックスに色をつけたものが


f:id:BasiL:20170330164332j:plain
こちらのカラフルなジェルワックス。



f:id:BasiL:20170330164344j:plain
少しずつ詰めていきます。



f:id:BasiL:20170330164355j:plain
詰め終わりました!
アロマをstrawberryにしたので、イチゴのイメージで赤系統で揃えました。

小さい方の器を完成させる

詰め終わった小さい方の器にアロマを垂らします。
15~20滴が目安だそう。


そこに溶かしたジェルワックスを流し込み、器を熱していきます。



f:id:BasiL:20170330164722j:plain

熱してカラフルなジェルワックスを溶かしたり空気を抜いたりします。


これで小さい方の器は完成です!!


大きい方の器を飾り付けていく

f:id:BasiL:20170330170756j:plain

小さい方の器を大きい方の器に入れます。
倒さないように入れるのが結構大変ですが、そう簡単には割れないそうです。




f:id:BasiL:20170330172454j:plain


f:id:BasiL:20170330172519j:plain


小さい方の器と大きい方の器の間にドライフラワーやドライフルーツを詰めていきます。



f:id:BasiL:20170330172624j:plain

たくさん詰めすぎると小さい方の器のジェルワックスの色が外に漏れなくなるので注意。


最後に小さい方の器と大きい方の器の間に溶かしたジェルワックスを流し込んで



f:id:BasiL:20170330172746j:plain

あとは冷めるのを待つだけ!!

完成品がこちら

冷めるのを待つ間、記念写真を沢山撮りました。


f:id:BasiL:20170330172854j:plain

お店の方が写真のために色々と用意してくださいましたm(_ _)m


冷めたら芯の長さを調節します。
本体の表面から3~5mmくらいの長さになるように芯を切りました。
使っていくうちに長くなってしまったら都度切っていくと炎が大きくなりすぎないそうです。

ホコリ防止にフィルムを貼ってお持ち帰り。




f:id:BasiL:20170330174324j:plain



f:id:BasiL:20170330174328j:plain



f:id:BasiL:20170330174331j:plain



f:id:BasiL:20170330174333j:plain



家でも写真を撮りました。我ながら良い出来栄え……( ̄▽ ̄)

今すぐには火をつけられなかったので、雰囲気だけでも味わおうと思い……




f:id:BasiL:20170330173458j:plain


部屋を暗くして古いスマホをキャンドルの下に置いてみました!!(興奮気味)


綺麗……これ部屋に飾ってあったら女子力高い!!


※なお、引越しの都合でしばらく実家に置き去りになる模様


お店について

名古屋市大須にあるキャンドルショップ「kinari」のHPはこちら。


ワークショップ(キャンドル作り)に参加したいという方はこちらから。


今回私はこちらから予約しました。

ボタニカルジェルキャンドルが作りたいあなたは是非こちらから!!




また、手作りキャンドルやキャンドル作りのための材料が購入できるオンラインショップがこちら。

最後に

決して器用とは言えないJDばじるですが、本当に簡単だったしとても楽しい時間を過ごすことが出来ました!

お店の方が優しく教えてくださるので私のような初心者&不器用人間でも女子力高めなキャンドルを作れますよ。